益子焼と漆喰の家

木と漆喰の家 works09

特徴
rev fwd
写真1

日差しがたっぷりと降り注ぐリビング、どの部屋に行くにもこのリビングが起点となります。
家族がどこに居てもこのリビングから気配を感じ合える、家族の絆を深める間取りです。

写真2

左:既製品のキッチンですが壁にひと工夫してみました。肌色のキッチンパネルですが素材は何だか分かりますか?
答えは珪藻土で出来たタイルを貼ってみました。これもオーナー様のこだわりですが・・・。
右:メインのこだわり、トイレに設置した益子焼の《手洗いボール》です。
それほど大きくは無いのですが杉のカウンターにとても馴染んでいると思いませんか。

写真3

左:続いては、洗面台にはめ込んだ益子焼の《洗面ボール》。柄や素材感は【木と漆喰の家】にばっちりとはまるアイテムです。
オーダーしてから納品までかなりの日数がかかりますが待つのも楽しみの一つと考えましょう。   
右:吹抜けに面した2階の共用スペースと吹き抜け上部化粧のタイコ梁。
家の角に吹抜けがあるので耐震的に胴差し(どうざし)という梁材を平行にダブルで施工する工夫で耐震性を確保してみました。





nextpage
pagetop