五角形の吹抜けのある家。

木と漆喰の家 works16

特徴
rev fwd
写真1

南北に長い敷地なので大胆な角度で駐車スペースを取ってみました。前面の道路が狭い事もあって思っていた以上に出し入れがスムースになりました。

写真2

上:リビングに設けた五角形の吹抜け、大黒柱とそれに掛るタイコ梁を眺め上げられます。
左中:2階のホール、壁は柱を見せない大壁(おおかべ)ですが、杉の大黒柱や梁が木の家を主張してくれています。
左下:吹き抜けからは十分な光をリビングに届けています。
右下:リビングと続きの3帖の畳コーナーですが壁の一部を格子にしたことで通風・明るさを確保すると共に圧迫感も解消しました。

写真3

左:階段の手すり壁の一部に可愛らしい収納を設置。
右:リビングを中心に放射状に各機能を持った空間を配置し無駄のない間取りを実現しました。

写真3

左:洗面所の腰板は杉材を使っています。
右:2階のホールの全容。パソコンコーナーや本棚、子供のお友達が来た時もここで遊べます。
また、バルコニーとも直結しているので洗濯物をたたみアイロンを掛けるにも最適です!




nextpage
pagetop