住まいがまるでアミューズメント空間 「愉しい」が家の中心にある住まい。

磯子 K様邸 木と漆喰の家 style01

設計のポイント
rev fwd

「愉しい」が家の中心にある住まい

某アミューズメント企業にお勤めのご主人。
職業柄という訳ではないのだろうが、日頃の生活の中でも愉しむことをとても大切にしているようだ。

だから、愉しい暮らしができる住まいづくりがしたいと思っていた。
暮らしの中での愉しいことは無数にある。
無数にあるから、フレキシブルに対応できる空間が必要になってくる。

設計のポイントは、造りすぎない可変性のある空間づくり。
シンプルな中にも、アミューズメント要素をたくさん盛り込むことが、長く飽きのこない住まいづくりにつながる。

写真1

住まいの中心に薪ストーブ

この家の特長は、何と言っても開放感あふれるリビングスペース。
愉しい暮らしを過ごすための要素がたくさん詰まっている空間だ。

その3大要素が、開放感を創り出す大きな吹き抜けと、四季の景観を眺められる大解放の窓、
そして住まいの中心に置かれた薪ストーブ。

大きな吹き抜けは、開放感を創り出すだけではなく、立体感をうまく活用した空間づくりが面白い。
天井の梁からタイで購入した「バティック」という長い布を垂らしてみると、吹き抜けの空間がより引きたつ。

その吹き抜け空間の壁には、大きな窓が4つ。
隣には公園があり、多くの 緑が目に飛び込んでくる。
花が咲いたり、新緑や紅葉など、自然を満喫できるパノラマスクリーンみたいなもの。

そして、その窓の前には住まいの主役でもある薪ストーブ。
掘りごたつ風に設置された薪ストーブの前に座ると時間が経つのを忘れてしまう。
薪の火を見ていると人は何故か落ち着いた気分になる。

写真2

暮らしにあわせた収納

家づくりの中で収納をしっかり計算して設計することは必須条件。
だからこそ、住まい手のライフスタイルを良く理解しなくてはならない。

限られた空間の中に収めること、日頃の生活に無理が出ないこと、そして常に整理整頓ができること。
いろんな要素を解決しながら 収納設計をする。

広さ2畳にも満たないご主人の趣味部屋は、壁一面を本棚に。
適当な狭さも居心地の要素の一つ。

キッチンスペースなどは、まさに収納が命。
かさ張る鍋や食器なども、機能性と美しさを考えながら造っていく。
物は多くても雑然としない空間づくりが奥様のこだわり。

写真3 NEXT Styleをみる
pagetop