メイン写真

ほかのブログを見る

南信州の木の家と暮らし展に・・・

師走の3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?

 

私はその中日、知り合いの設計事務所の先生が新宿のパークタワーでセミナーの講師を勤めるとの事でちょっとお邪魔してみました

 

この企画は

《南信州の木の家と暮らし展》   ~伝統木構造による田舎生活のススメ~

 

長野県の南部に位置する飯田市を中心とする南信州の景色に馴染む伝統木構造の住宅の紹介とそこでの暮らしの魅力を伝える企画展です

 

南木曽木材の柴原社長さんも講義を行う旨の案内を頂いたのですが時間の関係で講義の終わった後で挨拶のみ

「愛しき木製建具」をお題目での講義、講師は松本建築設計室の松本昌義先生(松ちゃん)

 

 

 

 

連合設計の吉田桂二先生を師とする建築家ですが自称建具屋の松ちゃん

こよなく木製建具を愛する建築家なのです

今回は建具屋さんが作れる木製サッシ開発の話、ステンレスの板から曲げ加工で製作するレールから信州では一般的なカラマツ材(建具の素材にはタブーの木なのですが)や桧材を使っての建具や枠の製作の詳しい話を聞きました

 

1時間近い話でしたがあっという間の講義、とても勉強になりました

 

松本先生ご苦労様でした!!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 




pagetop