メイン写真

ほかのブログを見る

【木と漆喰の家】に安震ウォールを設置しました

【木と漆喰の家】の『陽だまりの家』に、制振パネルの《安震ウォール》が設置されました。

《安震ウォール》は、弱い地震に対しては《耐震》、大きな地震には《制振》として働く耐震部材です。

 

 

このように建物の外壁部分に貼り付けます。

(この写真では建物の構造材に専用ビスで止める作業の前です)

 

 

この《安震ウォール》は名古屋の大学の研究室から生まれたもので、私も10数年前大学の研究室を訪ね実験の様子を見に行き良さを確認したうえでの採用しています。

ちなみにこの《安震ウォール》は別な商品名で横浜市の耐震改修工事の特殊部材としても認められている部材です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 




pagetop