メイン写真

ほかのブログを見る

高棟建設工業初代の兵吉翁の痕跡を・・!

先月(10月)初めの台風の被害を受けたとの事で、弊社に近所のお宮さんの修繕工事を頼まれました。

被害の状況を確認する為、祠(ほこら)の中に足を踏み入れた時に発見!!!

 

 

お賽銭箱の裏側に『奉納 高橋兵吉』の文字が、

高橋兵吉は私の曾お爺さんで高棟建設工業(当時はそう名乗ってはいませんでしたが)の初代の棟梁です。

このお宮さんは《第六天神社》と呼ばれ、

 

 

 

讃誉牛秀和尚が大善寺の守護神として坂本第六社を創建したのに倣い、当地に居住していた玉縄の番匠石川五郎三郎の同族池田氏が当社を創建したとわれています。

立ち会って頂いた氏子さんもこの人が高棟建設の初代棟梁とは知らなかったようです。

とても感動したのは私だけでしょうか!?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 




pagetop