メイン写真

ほかのブログを見る

かべ

一口に壁と言っても、作り方は千差万別です。

最近は下地となる木に石膏ボードを貼って、仕上るのが主流ですが、

築50年以上(くらい?)ともなると、

在来工法で、このように「木ずり」という壁の下地が当たり前でした。

木刷り

他にも「竹小舞/たけこまい」なんて竹を編むように作った下地なんかもあります。

(竹小舞はこちら→竹小舞

手が込んでいるのが良くわかりますね。

このお宅ではこの部分に開口を設けます。

すなわち「間取り変更」です。

(大規模な間取り変更の一例です→大規模リフォーム

 

家も人の生活スタイルに合わせて変更が出来るのが良いですよね。

 

村野

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 




pagetop